ひかりの森内科クリニック

飲用水



待合室に、逆浸透膜蒸留水が入った、ウオーターサーバーを設置しております。
どうぞご自由にお飲みください。 



夏季は冷水にしますが、冬季は健康を考え、冷水機能は使用しておりません。


◎ 逆浸透膜浄水器について

 逆浸透膜浄水器は、通常の浄水器と違い、フィルターの孔が非常に細かく、水分子以外のほとんどの物質は通過することができず、高い除去率が得られます。他の方式では、特に人体に蓄積すると有害と云われている、重金属類に関しては、ほとんど除去できません。 一方、逆浸透膜浄水器なら、人体に蓄積する有害金属をはじめ、ウイルスやバクテリア、さらに放射性物質(セシウムやヨウ素)といった、非常に小さな粒子に関しても、フィルターの孔のサイズの方が小さいため、通しません。逆浸透膜方式は、水道水を非常に安全な純水にすることが可能です。毎日飲む水は、人間の体に最も重要です。本当に安全な水を飲むなら、逆浸透膜方式の浄水器がお勧めです。



☆ TDSメーターによる浄水機能の確認


     

     当院 水道水(124ppm)           逆浸透膜 浄水(0ppm!!)

 
 数値は導電率を元に計算表示していますので水中に含まれている導電物質(イオンや無機溶解物質、主に金属類)の濃度を知る上で非常に有効な測定方法です。導電物質が多いほど電気が多く流れますので、数値は大きくなります。発ガン性が指摘されている硝酸性窒素なども導電物質の1つです。 一方、カルキ(残留塩素)などには反応しませんので、一般の浄水器を通した水では、数値は改善されません。また、重金属類を除去できないマイナスイオン整水器等を通した水も、水道水とほとんど変わりません。 浄水器を通す前の水を測定すると、通常は100〜150ppm前後の数値を表示しますが逆浸透膜浄水器を通した水は、0〜5ppm程度に改善されます。


 当院で採用している逆浸透膜浄水器は、一般的な5段階のフィルターに加え、イオン交換フィルターが追加されており、除去率が更にアップしております。(除去率99%程度)


<フィルター>

第一段階
5ミクロンセディメントフィルター(米国Osmonics社製)
繊維(ポリプロピレン)フィルター。このフィルターは5ミクロン以上の、水中のごみ、沈殿物、さび、小片などを除去します。

第二段階
5ミクロン カーボンブロックフィルター(米国KX社 MATRIKXシリーズ)
活性炭フィルター。このフィルターは残留塩素、臭気濁り、有機化合物、塩化炭化水素等を除去します。また水の味を良くする働きがあります。

第三段階
5ミクロンインラインセディメントフィルター(米国OMNIPURE製)
繊維(ポリプロピレン)フィルター。1段、2段のフィルターで除去できなかったゴミ、サビ、埃などを除去し逆浸透膜フィルターを保護します。この段階で一般に販売されて浄水器を超える性能を得ています。

第四段階
逆浸透膜フィルター(米国トップメーカー ダウケミカル FILMTEC TW30-1812-75)
第3段階までのフィルターを通過した粒子の小さな不純物を0.0001ミクロンの微細なフィルターで、ほぼ完璧に除去します。他の方式では除去が難しいトリハロメタン、ダイオキシン、水銀、砒素、農薬、硝酸性窒素等をほぼ完全に除去します。

第五段階
イオン交換フィルター
イオン交換樹脂により残留したイオン化合物を純水(H2O)に変換します。

第六段階
ポストカーボンフィルター(米国Omnipure社製)
逆浸透膜を通過しタンクに貯められていた純水の最終段階として臭い等を除去し美味しい水として蛇口に送り込みます。大容量の径60mmタイプを採用しています。




inserted by FC2 system